CentOS6.9 へPHP5.1や、MySQL5.0、PostgreSQL8.1 をインストールしたお話

シェアする

とある依頼にて、OSは何でもいいが、PHP5.1およびMySQL5.0、PostgreSQL8.1 が稼働するサーバをと。今更感はありますが対応をしました。ただ、SNIに対応しろという要望もあり、サーバ側で対応すべきは、上記バージョン情報を満たしつつ

  • Apache 2.2.12以降
  • OpenSSL 0.9.8j以降

で、準備。となりました。

当初は、CentOS5.11をインストールして、必要なモジュールはrpmbuildで、ソースコードをrpm化してからインストールとか試していたのですが、なんせspecファイル作成が大変ですし、configureのオプションで必要なモジュールがenable化できているのかも心配だったので、rpmを解析とかとか、openssl、、、0.9.8からバージョンアップするとライブラリのファイル名も変わるのでかなりヤバいやん。。。と、途中施行錯誤したのですが、結局、CentOS6に対し、CentOS5の各種モジュール+CentOS6のRPMで安定し動作する組み合わせを調査しインストールしました。

調査と取得先

基本は、上記3つのサイトから取得。結果としてのRPM情報は以下の通りです。

httpd

httpd-tools-2.2.15-60.el6.centos.6.x86_64
httpd-devel-2.2.15-60.el6.centos.6.x86_64
httpd-2.2.15-60.el6.centos.6.x86_64

openssl

openssl-devel-1.0.1e-57.el6.x86_64
openssl098e-0.9.8e-20.el6.centos.1.x86_64
openssl-1.0.1e-57.el6.x86_64
openssl098e-0.9.8e-20.el6.centos.1.i686

※oepnssl098eは、php-5.1に依存関係で必要だったのでインストールしています。

mod_ssl

mod_ssl-2.2.15-60.el6.centos.6.x86_64

それ以外

mysql-5.0.95-5.el5_9.x86_64.rpm
mysql-devel-5.0.95-5.el5_9.x86_64.rpm
mysql-libs-5.0.95-2cnt5.x86_64.rpm
mysql-server-5.0.95-5.el5_9.x86_64.rpm
perl-DBD-MySQL-4.017-1.x86_64.rpm
php-5.1.6-45.el5_11.x86_64.rpm
php-bcmath-5.1.6-45.el5_11.x86_64.rpm
php-cli-5.1.6-45.el5_11.x86_64.rpm
php-common-5.1.6-45.el5_11.x86_64.rpm
php-devel-5.1.6-45.el5_11.x86_64.rpm
php-gd-5.1.6-45.el5_11.x86_64.rpm
php-ldap-5.1.6-45.el5_11.x86_64.rpm
php-mbstring-5.1.6-45.el5_11.x86_64.rpm
php-mcrypt-5.1.6-15.el5.centos.1.x86_64.rpm
php-mhash-5.1.6-15.el5.centos.1.x86_64.rpm
php-mysql-5.1.6-45.el5_11.x86_64.rpm
php-ncurses-5.1.6-45.el5_11.x86_64.rpm
php-pdo-5.1.6-45.el5_11.x86_64.rpm
php-pear-1.4.9-8.el5.noarch.rpm
php-pgsql-5.1.6-45.el5_11.x86_64.rpm
php-xml-5.1.6-45.el5_11.x86_64.rpm
php-xmlrpc-5.1.6-45.el5_11.x86_64.rpm
postgresql-8.1.23-1PGDG.rhel5.x86_64.rpm
postgresql-8.1.23.tar.gz
postgresql-libs-8.1.23-1PGDG.rhel5.x86_64.rpm
postgresql-server-8.1.23-1PGDG.rhel5.x86_64.rpm

※上記インストールにおける依存関係の rpm は記載していません。ダウンロードしたのが上記パッケージであり、それ以外の依存関係のrpmはCentOS6の標準パッケージで問題なく動作します。
※2つのパッケージだけダウンロードするURLが違ったので記載

ftp://ftp.pbone.net/mirror/rnd.rajven.net/centos/5/os/x86_64/mysql-libs-5.0.95-2cnt5.x86_64.rpm
http://flexbox.sourceforge.net/centos/5/x86_64/perl-DBD-MySQL-4.017-1.x86_64.rpm

注意する点

数点インストールにおいて注意が必要です。

conflict 問題でパッケージ追加作業時にエラーが出る。
mysql-5.0.95-5.el5_9.x86_64.rpmと、mysql-libs-5.0.95-2cnt5.x86_64.rpmで、libmysqlclient.so.15 が、競合してる!ってエラーが出ますの。確認すると同じファイルだったので、–forceで rpmコマンドで無理やりインストールしました。同じファイル(あくまで同じmysqlのバージョンということですよ。)ということもあり、特に問題なく稼働しています。mysqlは複数のサイトから集めたので仕方ないかな。
yum コマンドではインストールできない場合がある。
yumコマンドだと、最新のバージョン情報を引っ張ってくるし、rpmのSign問題でインストールを拒否られる場合がある。rpmコマンドでもくもくとインストールしました。

※yumでアップデートされたくないなら、yum.confに、exclude設定で除外が必要です。

現状

MySQLを利用するWebサービスソフトを利用したり、PostgreSQLを利用するソフトで動作確認しましたが、特にエラーなく稼働しています。実際に、データ移行を行うのですが、その際に問題になった点等は共有していきたいです。

ではでは。


GUTE-URLS

Wordpress is loading infos from pkgs

Please wait for API server guteurls.de to collect data from
pkgs.org/

トップへ戻る