オンプレ型メールサーバの構築 ・・・ ①概要

シェアする

最近はめっきりメールシステムはクラウド化が進んでいます。クラウド化ってすごいです。私もクラウド化は賛成派です。Gmailに始まり、O365とサービス費用だけ支払うと利用できるメールシステムって便利でいいです。メールのオンプレって結構セキュリティとか大変ですし、DoSも受けるわ、アカウント増加に伴うリソース不足とか。。トラブルだらけです。

ただ、O365もそんなに安定したサービスではなく、ぶっちゃけ不安定っちゃ不安定です。ダイレクトコネクト結べば大丈夫とか言うけど、ダイレクトコネクト自身も設計そのものから、破綻しているサービスですしねw(私個人の意見です。)ただ、従来のオンプレのメールシステムに比べると、担当者の逃げ先が存在する便利な代物ではありますね。

とわ、言っても。ですね。

今回は、そんな昔ながらのオンプレ型でのメールを構築し、その仕組みを理解すると、クラウド化となったメールでも、バックグラウンドでどのような動作が起きてるとか理解でき、サービスであっても100%ブラックボックス化にはならないのでは。

そんな思いで、ちょっとメールシステムを構築してみたいと思います。オープンソースで。

オープンソースは、以下を考えています。

  • sendmail
  • dovecot
  • openldap

あとは、メールを利用するにあたって、最低限のDNSの設定や、Webメールも利用を考えました。目指せ!一人ぼっちのクラウドメールシステムwww

概要

ちょっと、以下のような感じで、独りぼっちクラウドメールシステムを作ってみたいと思います。

ちょっと、やってみたいのは、将来的な分散環境を実現するために、Socket渡しはなしにてオープンソフト間は、TCP/UDP通信とします。また、今回の設定方法は一例であって、他にもたくさんの設定事例はあります。

たぶん、長くなるので、数回の連載物にしたいと思います。

今日はここまで。

ではでは

トップへ戻る